LETTER

美容室の経営者が抱える悩みとその解決方法とは?

美容室の経営者が抱える悩みとその解決方法とは?

美容室を開業して年数を重ねると経営者の多くが直面する悩みがあります。
今回は、多くの美容室経営者が抱える悩みと、私たち「マイスタ®サロン」がどのように解決してきたのか、その解決策をお話しします。

[関連記事]美容室経営の常識を変えるマイスタ®サロンの経営術

美容室を軌道に乗せるためには、どのような経営戦略を取るのがベストなのか。
直営美容室6店舗と5店舗の登録サロンを展開する「マイスタ®サロン」独自の経営術について、数値を交えながらお話しします。

美容室経営の悩み(1):慢性的な人材不足

美容室経営の悩み(1):慢性的な人材不足

美容室経営で直面する悩みの一つに、人材採用の難しさがあります。

美容業界は離職率の高い業界で10年勤続される方が全体の10〜20%と言われ、求人案内を出してもなかなか応募がこない・定着率が低いなど、人手不足に苦しむサロンも少なくありません。

そんな中、実は「マイスタ®サロン」のスタッフ数は、年々増加傾向にあります。一体、他の美容室と何が違うのでしょうか。

大前提として、なぜ美容業界は「人材難」に陥っているのでしょうか。それは、スタイリストの働く環境に起因しています。
業界平均の年間休日は90日前後と言われています。これは長期休暇を含めての数字で、通常の月でいうと、平均して5~6日しか休めない計算です。さらに拘束時間が長いにもかかわらず、平均年収は300 万円ほど。
この状況が、志ある人の道を閉ざしてしまうのです。

厳しい労働環境への不安からか、国家資格を取得したとしても、サロンに勤めようと思う人はおよそ3割。1年間で約6000 人ということになります。
その貴重な美容師を全国25万軒ほどの美容室で取り合うのですから、人材難は避けられない課題なのです。

時代に即した採用戦略

時代に即した採用戦略

美容室経営の一番の悩みとして人材不足が挙げられるのは、古い時代の慣習が今も続いているからだと分析しています。

かつて、「美容室で働くのは『師匠』から技術を教わるため」という考え方がありました。もちろん、自分の生活は二の次です。しかし、歯を食いしばって手に職をつける「徒弟制度」のようなものは、今の時代にはそぐわないはずです。

このサイクルを断ち切ることができれば、美容業界は長く働ける業界になるのではないか。
そんな発想から店舗運営を見直し、売り上げの創出に直接貢献できないアシスタントの人件費を、スタイリストが賄うといった業界の常識を捨てる決断をしました。

具体的にお話しすると、通常の美容室にはアシスタントがいますが、「マイスタ®サロン」では全てをスタイリストがこなすため、アシスタントはあえて採用しません。さらに、カットやカラー、パーマまで、全てをこなせる即戦力に絞って採用しています。

また美容師の即戦力に絞った採用を進めるだけでなく、スパやトリートメントといった限られた時間で最大限お客様の「綺麗」を実現するメニューを充実させ、時間単位の売り上げを上げることも意識しています。

徹底的に計算され、追求されている生産性によって、業界平均よりも高い給与水準を維持できるようになった結果、それまで夢を諦めていたスタイリストたちに門戸が広がり、人材難と呼ばれる昨今においても、順調に採用できるようになりました。

「すみません」を言わなくてよい仕組み

「すみません」を言わなくてよい仕組み

また、慢性的な人材不足という美容室経営の悩みを解決するために、営業時間の短縮や日曜・祝日休みの勤務形態など、子どもがいる女性美容師でも働きやすい職場環境を整備し、家庭との両立が困難でキャリアを諦めたスタイリストたちが、再び輝くための舞台を整えています。

子どもがいる女性美容師でも働きやすい職場環境を整備するための特徴的な取り組みとして挙げられるのは、次回予約率へのこだわりです。

次回予約は経営戦略を練るために重要な数字であると同時に、先々の指名の予定がわかるため、スタイリストが休みを取得しやすくなるメリットもあります。
しかしこの次回予約、幼いお子さんがいるなど、急な欠勤の可能性があるスタッフには適用していません。

というのも、万が一、2ヶ月前に予約を取ったのはいいものの、もし当日急に休むことになれば、スタッフにもお客様にも混乱が生じてしまいます。何より、スタイリスト本人が心置きなく休めなくなってしまいます。

そこで、「キャンセル待ち」という状態にとどめておき、その日「運よく」出勤できたら、キャンセル待ちのお客様にご連絡し、出勤できた旨を伝えます。ご予定が合えば来ていただく、という仕組みです。

そうしなければ、社内で『すみません』という言葉が飛び交ってしまいます。

安心して休めるし、休んでいただける。業界の常識を覆す斬新な制度を採用し、スタイリストにとって安心して働ける環境を作ることで、美容室の経営者の誰もが直面する人材不足という悩みを解決しています。

美容室経営の悩み(2):自力集客が難しい

美容室経営の悩みの一つに、自力集客が難しいことが挙げられます。

それを改善するために一般的な美容室でよく実施されていることは、「客単価を上げること」・「店舗で売っている商品に力を入れること」など目の前の売上を上げるための方法です。

美容業界において、メニューの多様化が増えておりそこから抜けるために髪質改善や美髪、ストレートパーマなど専門性を強める店舗が増えていますが、商品に特徴が無く、売っているサービス内容が他の美容室と同じだと集客ができない、単価も上がらない生産性の低い美容室になってしまいます。

生産性の比較グラフ

美容師一人当たりの生産性は、平均43万円/月と言われています。

これは大手企業などの人事生産性の約半分ほどで、この数字が続けば美容室経営が厳しくなります。
(byemt® グループの生産性は72万円/月)

そこで、広告費を抑え、自力で集客するためには、自分たちが戦う顧客の分母、商圏エリアの特徴を知ることが何よりも重要なのです。

地域密着型のサロンに

地域密着型のサロンに

そこで自力集客が難しいという美容室経営の悩みを解決すべく、わたしたち「マイスタ®サロン」が考えたのは、地域密着型の女性優先サロンにすることです。 

なぜ地域密着型なのか。
ターミナルや都心は新しい顧客がどんどん入れ替わることに比べ、地域密着型ということはすなわち、その地域に定住されている人が大まかなターゲットとなるため、顧客の分母が決まってきます。

美容室がある地域のターゲット顧客の特徴を掴み、お客様の来店頻度を上げられるか、メニューを緻密に計算することで広告媒体だけに頼らない自力での集客を実現しています。

チラシによる集客

また、ターゲットを絞り込んだことで各地域への効果的な宣伝方法として採用されたのが、“チラシでの集客”です。

実はチラシによる集客のみで、直営美容室「マイスタ®サロン」は、オープン時でも1ヶ月に新規顧客約300名を獲得。オープンから2ヶ月間で、500~600名を集客しています。

最初の2ヶ月間で客層が安定した後には、段階を踏んでチラシを打つ頻度を下げます。基本的には1年間毎月チラシを打ちますが、それにより固定客と新たな新規顧客で、毎月平均450名の集客が可能となり、経営の安定化が図れるのです。

60%ものリピート率を誇る「マイスタ®サロン」は、もちろんサービスのクオリティの高さや、ターゲットを絞ったことによるニーズとのマッチングが功を奏した側面もありますが、何よりもチラシの力が大きく発揮されています。

「通い続けられるエリアのターゲット層に絞ってチラシを配布する」

その方法が、わたしたち「マイスタ®サロン」が自力集客によって経営を安定化させた秘訣と言えます。

美容室経営の悩み(3):リピーターがつかない

美容室経営の悩み(3):リピーターがつかない

美容室経営の悩みとして最後に上げられるのが、リピーターを付けるのが難しいことです。

実は、新規のリピート率は、美容業界平均で40%と言われています。そのため、広告媒体や自力で何とか集客したとしても、リピーターが増えない限り経営は安定しません。

また、多くの美容室で宣伝媒体として使われるWebメディアへの掲載については、ターゲットが広範囲のエリアに至ってしまうため、『少し遠いけど行ってみよう』という新規のお客様が初回は頑張って行ったとしても、2回目、3回目には『しんどい』となって足が遠のいてしまい、リピーターにするのは難しくなります。

チラシ配布エリアを細かく調整

そこで、リピーターが付かないという悩みを解決するのが、前述したチラシ配布による集客です。

さらに、チラシの配布エリアは細かく調整していきます。
基本的にはサロンから半径1.5キロメートルから2キロメートルに配りますが、数か月ほど様子を見た後、ご来店される方の少ないエリアは配布範囲から外していきます。

特に線路や川などがあれば、その反対側の方たちはなかなか足が向きません。そのため、最終的に配布エリアは綺麗な円になるのではなく、いびつな形になります。そうして最も来ていただける方の居住範囲に集中してチラシを配っていくのです。

新規でご来店されるお客様のほとんどが、サロンに通いやすい方ばかり。こうしてリピート率が高まり、集客が安定してくるという好循環が生まれます。

その結果、「マイスタ®サロン」はリピート率60%を獲得。この数字は美容業界平均の1.5倍となっています。

美容室の経営に悩んだら

美容室経営のお悩みを解決するパートナー「マイスタサロン」

美容室の経営者ともなれば、誰もが多くの課題と悩みを抱えることになります。

そんな経営の悩みを抱えた時に大切なのが、サロンづくりの仕組みやノウハウを共有するパートナーです。

わたしたち「マイスタ®サロン」はサロン経営のお悩みを解決するパートナーシップ制度をご提案しています。

集客や人材の問題で悩む美容サロン様に、女性美容師が働きやすいサロンづくりの仕組みやノウハウを共有し、サロン経営のサポートをいたします。

「美容業界のアタリマエを変える」

新しいサロン経営にチャレンジしませんか?

OTHER COLUMN

→
←
お気軽にご相談ください。

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問合せください。

メールマガジン登録

マイスタ®サロンに基づく、"美容室経営のノウハウ"を
順次配信提供を行っております。
また、新たなリリースのご案内をいたします。
ぜひご登録ください。

PageTop