LETTER

気になる美容室オーナーの年収は?収入アップは3店舗目から?

気になる美容室オーナーの年収は?収入アップは3店舗目から?

いつかは独立して自分の美容室を持ちたいと考えている美容師の方は多いと思いますが、やはり気になるのは美容室のオーナーになった際の収入ではないでしょうか?

今回は美容室のオーナーの年収の相場や、収入を増やすためにはどうすれば良いかについて解説していきます。

美容室のオーナーの年収の相場は?

美容室オーナーの収入は、美容師として店舗で働いていた際の給料とは違い、経営している店舗の売上次第で決定します。

例えば、月の売上が約300万円とすると年商は3600万円とします。その内、人件費を含む経費が80%と仮定すると、残りの20%である営業利益720万円から、今後事業で使うであろう費用とオーナーの収入を確保することとなります。

美容室のオーナーの年収の相場としては、400~500万円程度であることが多く、一般的な美容師の平均年収が約290万円〜300万円ということを考えると、妥当なラインだと言えます。

美容室のオーナーの年収は経営店舗数で大きく変化する

美容室のオーナーの年収は経営店舗数で大きく変化する

美容室のオーナーの平均的な年収は400~500万円だとお伝えしましたが、実際は経営している美容室の店舗数を増やすことによって収入増加を狙うことも可能です。

例えば、フランチャイズ展開している「マイスタ®サロン」の美容室の場合、オーナーの年収は下記のようなイメージとなります。

  • 1店舗:360万(営業利益に対して43%)
  • 2店舗;500万(営業利益に対して30%)
  • 3店舗:650万(営業利益に対して26%)
    ※マネージャー職の育成・雇用が必要
  • 4店舗:1000万(営業利益に対して30%)
  • 5店舗:1200万(営業利益に対して30%)

1~2店舗の経営の場合、投資リスクも小さいですが、同様に収益も小さく、オーナーの年収もそれほど大きくありません。

しかし収益が大きく変わり始めるのは3店舗目が軌道に乗り始めてから。
3店舗目が軌道に乗り始めると、加速度的に収益体質が変わってくるため、それに伴ってオーナーの年収も増加します。

さらに収益が増加することにより、次の投資に関しても自己資金のみで経営できたり、収益的にも安定してきたりと、大きく変化していきます。

もちろん店舗数を増やせば増やすほど、経営リスクは増えますが、店舗数を増やすことにより、年収1,000万円以上稼ぐ美容室オーナーがいることは事実です。

成功する美容室オーナーの特徴とは?

美容室・ヘアサロンは全国で約25万件とコンビニの約4.5倍の店舗数があり、競争が非常に厳しい業界です。
その中で美容室経営を成功させているオーナーには、共通した特徴が見られます。

自分で試行錯誤しながら行動できる

美容室経営で成功しているオーナーの1つ目の特徴は、「自分で試行錯誤しながら行動できる」ことです。

個人経営でゼロから店を作り上げていく場合はもちろんですが、店が軌道に乗るまでをある程度パッケージ化してサポートしてくれるフランチャイズ店舗でも、オーナーが何もしないで上手くいくことはありません。

常に店舗や世の中の状況を見極め、状況に合わせて改善点を見つけ出し、どうすれば解決できるかを自分で考え、行動に移していく力が成功へのカギとなります。

お客様目線で考えられる

美容室経営で成功しているオーナーの2つ目の特徴は、「お客様目線でサービスなどを考えられる」ことです。

特に美容室はお客様の満足度がリピートに繋がり、それが収益の安定に結びつくサービス業です。
そのため、お客様が今求めているものは何か、居心地が良いと思える空間になっているか、スタッフの技術や接客は満足いくレベルであるかなど、常にお客様目線で考えられる人は美容室のオーナーに向いています。

マーケティングを活用している

安定した経営を続けている企業経営者は、事業の大小に関わらずマーケティングを活用しています。

例えば、「幅広い層に来店してほしい」「何でも対応できるようにメニューの種類を増やそう」など考えていませんか?

ありがちな考え方ですが、マーケティングの知識がある美容室のオーナーなら、上記のようなことは一切考えません。というのも、このような考え方で経営をしていると、ターゲットが散漫になってしまい、誰の心にも響かない集客を延々と続けることになってしまうのを理解しているからです。

そのため、美容室経営を成功に導いてきたオーナーの多くに、事業を展開する際に市場の動向を調査した上で、効果的に集客を行うというマーケティング戦略を活用しているという特徴が見られます。

[関連記事]毎月450名の集客力!美容室by emt®グループのマーケティング戦略とは

毎月450名の集客力!美容室by emt®グループのマーケティング戦略とは

美容室に集客するためにいろんな努力はしているけれどまったく効果を感じないという場合、そもそも商圏エリアのマーケティングが失敗している可能性があります。
ここでは美容室の集客を考える上で重要なマーケティングについてお話しします。

有能な人材や相談できる相手がいる

美容室経営で成功しているオーナーにみられる最後の特徴が、「有能な人材や相談できる相手がいる」ことです。

収益を増やすために店舗数を増やそうにも、オーナー一人だけでは限界があるため、それらを任せることのできる有能な人材の確保が必要不可欠です。美容室経営を成功させるオーナーは、そういった有能な人材を見つけて育てる能力に長けている人が多いです。

また有能な人材以外にも、経営や店舗運営で困ったときに気軽に相談できる相手がいるのも特徴です。

自分で試行錯誤しながら経営を行うのはもちろん必要ですが、時には行き詰まってしまうもの。そういった時に、上手く巻き返せるオーナーは、経営や店舗運営・集客など、それぞれの分野に長けた人脈を形成しています。

美容室のオーナーが収入を増やすためには

美容室のオーナーが収入を増やすためには

一般的な美容師の平均年収よりも美容室のオーナーの平均年収の方が高いことは前述したとおりですが、「どうにかもっと収入を増やせないか」と考える方も多いでしょう。

そこで、美容室のオーナーの年収を増やすには、具体的にどうすれば良いのかまとめてみます。

経費を削減する

美容室の営業利益を上げるためには、経費を見直すことが大切です。

ターゲットに対して無駄な商材やメニューはないか、宣伝広告費や家賃・光熱費は適切か…などを見直すことによって、ある程度、経費を削減できる場合もあります。

ただし、ここで注意するのが人件費です。スタッフの人数を減らせば売上も確実に減ってしまうため、スタッフ一人当たりの生産性を計算した上で、売上目標に合わせて店舗ごとに適切な人数のスタッフを確保しておく必要があります。

またむやみに経費削減をしてしまうと、スタッフの生産性やお客様の満足度が低下することもあるため、見極めが重要です。

多店舗展開をする

美容室のオーナーの収入を増やす一般的な方法は、やはり多店舗展開です。

基本的には、いきなり多店舗を展開するのではなく、まずは1店舗目をしっかり軌道に乗せてから、その経験を活かし2店舗目を展開していくのがおすすめです。

そして前述した通り、3店舗目から加速度的に収益体質が変わってくるため、それに比例してオーナーの収入も増加します。

マーケティングの知識を増やす

限られた予算で効果的に集客するためにはマーケティングの知識が必要です。

コンビニの約4.5倍の店舗数という厳しい競争の中で、しっかり市場調査をしてターゲットを絞った上で戦略を立てなければ、収入を増やすどころか、経営が行き詰まってしまいます。

限られた予算の中で、どういったターゲットにどういった方法で集客を行うのが一番効果的なのかをしっかり調査し、一番効果的な方法で戦略立てて実行することで、収益を増加させることができます。

「美容室のマーケティング戦略と言っても、何から始めればいいかわからない…」という場合は、プロに相談してみるのも、選択肢の一つです。

美容室経営のお悩みは「マイスタ®サロン」にご相談を

美容室経営のお悩みは「マイスタ®サロン」にご相談を

美容室の経営者ともなれば、誰もが多くの課題と悩みを抱えることになります。

美容室の独立開業に不安を持つ場合は、業務提携やフランチャイズを選択肢に入れたり、サロンづくりの仕組みやノウハウなどの知識と経験豊富なパートナーに相談してみたりすることが大切です。

わたしたち「マイスタ®サロン」は、サロン経営のお悩みを解決するパートナーシップ制度をご提案しています。

「マイスタ®サロン」が美容室経営において提供するノウハウは、人材不足の美容業界において女性美容師が長く働きやすい環境を確保し、なおかつ十分な利益を確保する仕組みです。

集客や人材の問題で悩む美容サロン様に、女性美容師が働きやすいサロンづくりの仕組みやノウハウを共有し、サロン経営のサポートをいたします。

「美容業界のアタリマエを変える」

新しいサロン経営にチャレンジしませんか?

OTHER COLUMN

→
←
お気軽にご相談ください。

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問合せください。

メールマガジン登録

マイスタ®サロンに基づく、"美容室経営のノウハウ"を
順次配信提供を行っております。
また、新たなリリースのご案内をいたします。
ぜひご登録ください。

PageTop