LETTER

フランチャイズの仕組みと成功するためのポイントとは?

フランチャイズチェーン(FC)という言葉を一度は耳にしたことがあっても、実際どんなビジネスの仕組みになっているのか、フランチャイズにどんなメリットがあるのかなど、十分に理解している人は多くはないのではないでしょうか?

今回は、個人で開業するよりも失敗の可能性が少ないと言われるフランチャイズビジネスの仕組みについて、わかりやすくまとめていきます。

フランチャイズビジネスの仕組み

フランチャイズとは、フランチャイズに加盟する店舗経営者が、ロイヤリティという対価を支払う代わりに、フランチャイズ本部から既に確立されたビジネスモデルや経営ノウハウ、そしてブランド力などを利用できる仕組みです。

日本フランチャイズチェーン協会によると、2019年度の売上高は約26兆円と市場規模も大きく、フランチャイズに加盟すれば経験豊富な本部からのサポートが受けられるため、経営を軌道に乗せるまでの時間が短縮できるほか、個人事業や法人設立よりも成功率を格段に上げることができるのが特徴です。

そのため、初めての開業で経営や店舗運営に不慣れであったり、できるだけリスクを抑えた事業を展開したい経営者の多くに選ばれているビジネスでもあります。

フランチャイズの仕組み(1):ロイヤリティ

ロイヤリティとは、フランチャイズに加盟して、そのフランチャイズの商標やノウハウを利用する対価として本部に支払う金額のことです。

ロイヤリティは、本部側が持つブランドやサポート内容によって算定方法が変わり、毎月一定額の支払いである「定価方式」、売上からある一定の割合で本部に支払う「売上歩合方式」や、粗利益からロイヤリティの金額が決まる「粗利分配方式」などがあります。

それぞれメリット・デメリットがあるため、フランチャイズ加盟の際には、経営に負担がかからないかどうかをよく検討する必要があります。

フランチャイズの仕組み(2):サポート

フランチャイズに加盟すると、ロイヤリティを支払う対価として、本部から経営や店舗運営に関するサポートを受けることができます。

【サポート例】

  • 出店エリアの選定
  • 店舗設計・施工
  • 経営やマーケティング調査等のノウハウ提供
  • 採用・人材育成
  • 広告宣伝・集客支援
  • スーパーバイザーによる定期的なアドバイス
  • 資金面のサポート

サポート内容はフランチャイズによって様々で、成功例を基にした経営ノウハウやスキルの提供、またスタッフの採用や人材育成、集客支援や仕入れなどサポートは多岐に渡ります。

業種や企業、フランチャイズの契約プランなどによってもサポートの内容や期間が異なるため、契約時には「何のサポートがどの程度の期間、提供してもらえるのか」を確認しておきましょう。

[関連記事]美容室フランチャイズのロイヤリティとは?サポート体制の内容は?

美容室フランチャイズのロイヤリティとは?サポート体制の内容は?

美容室の独立開業の一つの手段であるフランチャイズ。ロイヤリティやフランチャイズ加盟時の初期費用が高いのではと不安に思われている方のために、ロイヤリティとは何か、またロイヤリティを支払うことでどのようなサポートが受けられるのか具体的にお話しします。

フランチャイズの仕組み(3):メリット・デメリット

フランチャイズビジネスの仕組みには、メリットもデメリットも存在します。
それぞれをまとめると以下になります。

メリット デメリット
ブランド力の利用が可能 ロイヤリティ等のコストがかかる
ノウハウや知識の提供がある ブランド毀損によるリスクがある
失敗のリスクが低い 運営方法や仕入れ先に制限がある
低コストで仕入れができる 独自性が出しにくい
銀行からの融資を受けやすい  

個人での開業などと比較してリスクも低く、経営未経験でもフランチャイズ本部からの手厚いサポートで早期に軌道に乗せることができますが、反対に月々のロイヤリティ支払が負担になってしまう可能性もあります。

また、フランチャイズ本部の経営方針に従わなくてはいけないため、経営者本人の独自性が出しにくく、こだわりを持って事業を進めたいという方には向いていません。

フランチャイズに加盟する際は、自分の価値観や方針に合っているのか、提供されるノウハウやスキルが対価に見合うのか等を見極めたうえで、判断しなければいけません。

[関連記事]フランチャイズのメリット・デメリットとは?

フランチャイズのメリット・デメリットとは?

多くの経験に得た知識とノウハウを駆使するため、個人で開業するよりもリスクが少ないと言われているフランチャイズですが、反対にデメリットも存在します。今回はフランチャイズのメリットとデメリットをそれぞれまとめます。

フランチャイズの仕組み(4):直営店との違い

フランチャイズとは、個人事業主や法人がフランチャイズ本部と契約を結び、加盟金を支払うことで商標の使用、商品・サービスの販売権、そして経営ノウハウを活用して経営をすることができる仕組みです。

それに対して直営店は、フランチャイズ本部が雇用や設備なども含めて直接経営を行う店舗です。

フランチャイズの仕組み(5):業種

フランチャイズには様々な業種が存在しますが、大きく以下の3つに分けることができます。

  • 飲食業:カフェ・レストラン・ラーメン店等
  • 小売業:コンビニ・ドラッグストア等
  • サービス業:サロン・各種スクール・介護等

それぞれの業種によって開業に際しての資金や準備物なども異なるため、フランチャイズの業種を選ぶ際には、どの業種が自分に合っているのかだけでなく、資金面での違いについても重視しつつ選んでいきましょう。

フランチャイズで成功するためのポイント

信頼できるビジネスパートナーになれるか見極める

「みんな知っているチェーンだから」「加盟店が多いから」という理由だけで、フランチャイズチェーンを選ぶのは危険です。

いくら加盟店が多いからと言って、自分に合ったビジネスモデルだとは限りません。

例えば、「加盟店が多すぎて本部のサポートが十分でない」「みんな知っているチェーンだけど、本部の経営方針が自分と合わない」「商圏エリアに同一チェーンが多数あって競合になってしまう」など、いくら有名フランチャイズチェーンだからと言っても、事前に調べておかないと不利益に繋がってしまうこともあります。

【加盟前のチェックポイント】

  • サポート内容とサポート期間は問題ないか
  • ロイヤリティ支払いが負担にならないか
  • モデル収益を鵜呑みにしていないか
  • 経営方針など本部との価値観に相違はないか
  • テリトリー権や競業避止義務等の有無は確認したか
  • 10年後も生き残れる業種・企業か
  • ビジネスパートナーとして信頼できるか

フランチャイズチェーンを選択する際には、上記のようなポイントを抑えつつ、お互いにとって良いビジネスパートナーになれるかどうかを見極めることが大切です。

本部の経営方針に則る

フランチャイズ本部は加盟店に対して様々なサポートをしてくれますが、反対に加盟店側も本部の方針に則って店舗を運営する必要があります。

フランチャイズ本部が提供するのは、ブランド力だけでなく、既にいくつもの成功例から得た経験を活かしたノウハウやスキルです。そのノウハウを活かした経営方針に従わず独自のやり方で店舗運営をしていても、思ったような成果や結果には結び付きにくいと考えておいた方が良いでしょう。

フランチャイズ本部に依存しすぎない

フランチャイズ本部はあくまでもビジネスパートナーです。フランチャイズに加盟したからと言って、本部が全て上手くやってくれると考えていてはいけません。

あくまでも経営者は自分自身です。

フランチャイズ本部の方針に従うことは大切ですが、全てを依存してしまわず、積極的に本部のノウハウやスキルを活用し、運営をしていくことが大切です。

今好調な業種だからと言っても、市場は常に変化します。何でもフランチャイズ本部任せにせず、参入市場の動向は自分自身で常にチェックし市場の変化に対応できるように、最終的には自分で判断するのだと意識しておくことが、事業を成功させる秘訣です。

美容室フランチャイズについてのご相談は「マイスタ®サロン」へ

美容室フランチャイズについてのご相談はマイスタ®サロンへ

美容室の経営者ともなれば、誰もが多くの課題と悩みを抱えることになります。

美容室の独立開業に不安を持つ場合は、業務提携やフランチャイズを選択肢に入れたり、サロンづくりの仕組みやノウハウなどの知識と経験豊富なパートナーに相談してみたりすることが大切です。

わたしたち「マイスタ®サロン」は、サロン経営のお悩みを解決するパートナーシップ制度をご提案しています。

集客や人材の問題で悩む美容サロン様に、女性美容師が働きやすいサロンづくりの仕組みやノウハウを共有し、サロン経営のサポートをいたします。

「美容業界のアタリマエを変える」

新しいサロン経営にチャレンジしませんか?

OTHER COLUMN

→
←
お気軽にご相談ください。

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問合せください。

メールマガジン登録

マイスタ®サロンに基づく、"美容室経営のノウハウ"を
順次配信提供を行っております。
また、新たなリリースのご案内をいたします。
ぜひご登録ください。

PageTop