LETTER

フランチャイズのメリット・デメリットとは?

起業する際、選択肢に入ってくるのが、フランチャイズへの加盟です。

多くの経験にて得た知識とノウハウを駆使するため、個人で開業するよりもリスクが少ないと言われているフランチャイズですが、反対にデメリットも存在します。

そこで今回は、美容室フランチャイズを展開する「マイスタ®サロン」が考えるフランチャイズのメリットとデメリットをそれぞれまとめます。

開業するならフランチャイズ?個人?

フランチャイズでの開業にメリットが多くあると言っても、そもそもフランチャイズにも向き不向きが存在します。

では、どんな人がフランチャイズでの開業に向いているのか、個人での開業とあわせてそれぞれ向いている人をまとめます。

【フランチャイズでの開業】

  • 時間を大切に考える方
  • 多店舗展開したい方
  • 人と一緒に経営をできる方

フランチャイズでの開業に向いているのは、既にあるノウハウを駆使して早く経営を軌道に乗せたい・多店舗展開を考えている方などです。

特にフランチャイズは、既にあるビジネスモデルにのっとって本部からの指示が出されるため、自分以外の誰かと協力・相談しながら経営をしていく考え方ができる方に向いています。

【個人開業】

  • 自分の考えで経営したい方
  • 目の届く範囲だけの事業をしたい方
  • 人を雇用したくない方

逆に個人での開業については、ある程度経営の知識があったり、経営の勉強も苦ではなく、自分のやり方・考え方で経営していきたい方などに向いています。

特に店舗デザインや経営方針などに強いこだわりを持っている場合は、フランチャイズよりも自分の裁量で経営できる個人での開業をおすすめします。

フランチャイズ契約のメリット

フランチャイズ契約のメリット

フランチャイズが個人での開業よりもリスクが少ないとは言え、ビジネスを行っていくためには、もちろん良い面や悪い面が存在します。

ここでまずはフランチャイズのメリットまとめてみます。

メリット(1):ノウハウや知識

フランチャイズに加盟することの最大の利点は、フランチャイズ本部が店舗運営で経験して得たノウハウや成功パターンの知識でサポートが受けられることです。

初めて個人で開業する場合、何事も経験がなく、戸惑うことも多いでしょう。
しかし、フランチャイズの場合は既にそのノウハウで運営している店舗があるため、ある一定の成果が見込やすいのがメリットとなります。

また、多くの店舗運営経験により得た様々な事例を基にしているため、リスクが軽減できるのも大きなメリットです。

メリット(2):ブランド力の利用が可能

メリットの2つ目は、フランチャイズが持つブランド力です。

フランチャイズの持つブランド力の知名度や信頼度を利用して、広く宣伝が可能になったり、企業によっては大規模な販促活動ができたりと、個人の店舗とは比べ物にならないメリットがあります。

メリット(3):低コストで経営できる

フランチャイズの場合、個人で開業するよりも低コストになる場合があるのもメリットです。

既に戦略や人材育成が体系化・仕組化されていることで効率化が可能となり、結果的にコストカットができます。

またある程度の店舗数がまとまることで低コスト化が可能になるスケールメリットも魅力の一つです。材料仕入やクレジットカード利用などの手数料、また宣伝や採用などにおいても、スケールメリットが活かせるのもフランチャイズの良い点です。

メリット(4):銀行からの融資が受けやすい

初めて開業する場合、融資を受ける際に証明になるような実績がないため、個人の場合は開業資金の調達に苦労します。

しかしフランチャイズの場合、その本部が持つブランド力や企業としての信頼度により、個人経営で開業するよりも銀行からの融資が受けやすくなるのもメリットの一つとなります。

フランチャイズ契約のデメリット

フランチャイズ契約のデメリット

では次にフランチャイズのデメリットをまとめます。

デメリット(1):ブランド毀損によるリスク

メリットとしても大きな効果を発揮するフランチャイズのブランド力ですが、逆に何か事件・事故などがあった場合はデメリットにもなり得ます。

フランチャイズ契約を結ぶ際には、信頼のおける企業や経営陣かなど、事前に確認しておきましょう。

デメリット(2):運営方法、仕入先などの制限

フランチャイズに加盟した場合、本部の運営方法に沿って展開していくため、個人の自由度は低くなります。

例えば、店舗内外装や提供サービスの内容、仕入先などのあらゆる項目への制限事項、また競合避止義務などの存在で、契約終了後に同業種での出店禁止などという制限がある場合もあるため、事前の確認が必要です。

デメリット(3):ロイヤリティ等の月々のコストがかかる

フランチャイズは各種サポートの対価としてロイヤリティの支払いが必要です。

フランチャイズによって金額や支払い体系は様々なので、開業後も無理なく支払えるか、利益は十分に確保できるかなど、事前に計算しておきましょう。

美容室フランチャイズのロイヤリティの支払いについては、こちらの「美容室フランチャイズのロイヤリティとは?サポート体制の内容は?」でも解説しています。

美容室フランチャイズについては「マイスタ®サロン」にご相談を

美容室フランチャイズについてのご相談は「マイスタ®サロン」にご相談を

美容室の経営者ともなれば、誰もが多くの課題と悩みを抱えることになります。

美容室の独立開業に不安を持つ場合は、業務提携やフランチャイズを選択肢に入れたり、サロンづくりの仕組みやノウハウなどの知識と経験豊富なパートナーに相談してみたりすることが大切です。

わたしたち「マイスタ®サロン」は、サロン経営のお悩みを解決するパートナーシップ制度をご提案しています。

集客や人材の問題で悩む美容サロン様に、女性美容師が働きやすいサロンづくりの仕組みやノウハウを共有し、サロン経営のサポートをいたします。

「美容業界のアタリマエを変える」

新しいサロン経営にチャレンジしませんか?

OTHER COLUMN

→
←
お気軽にご相談ください。

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問合せください。

メールマガジン登録

マイスタ®サロンに基づく、"美容室経営のノウハウ"を
順次配信提供を行っております。
また、新たなリリースのご案内をいたします。
ぜひご登録ください。

PageTop