COLUMNコラム

LETTER

美容師の独立にベストな年齢とは?

美容師として技術も身につき、経験も積み重ねてきたら考える“独立”。
しかし、どれぐらいのキャリアを積めば美容室を独立できるのか、年齢的に自分は遅いのではないか…と悩んでいる美容師の方も多いはず。
そこで今回は、美容室を独立する平均年齢や、独立するのにベストな年齢について解説します。

美容師の独立にベストな年齢とは?

美容室を独立するタイミングを年齢だけで決めることは正直なところ難しいのですが、金融機関の融資の条件としてキャリア年数が指標になる傾向があるため、無視はできません。
「マイスタ®サロン」に相談にいらっしゃる方では、下記のようなキャリアを積んだ上で、35歳前後で独立される方が多いです。
  • 20歳から23歳まで:アシスタント
  • 24歳から:スタイリストとして5~6年のキャリアを積む
  • 30歳前後:店長などの役職
  • 35歳前後:独立
美容室を独立してからはオーナー兼プレイヤーとして働く方が多いのですが、顧客との間に年齢差があると売上が伸びない傾向があります。
例えば流行を取り入れたヘアスタイルになりたくて美容室に来たのに、20歳も年上の美容師が出てきたら不安になりませんか? かといって、逆に自分より年下すぎても、「大丈夫だろうか…」と心配になったりもします。

つまり、独立する年齢が早すぎても遅すぎても、その後の経営に影響してしまうため、あらかじめ自分の年齢と自分の店のターゲット年齢のバランスも考えておくことが大切です。
また上記とあわせて考えておきたいのが、美容師としてのキャリア年数です。
前述したとおり、金融機関で融資を受ける際の条件として、10年のキャリアを1つの指標としてみる傾向があるため、融資を検討している場合は、十分なキャリア形成も必要になります。
  • 顧客との年齢差が開きすぎていないかどうか
  • 美容師として10年程度のキャリアがあるかどうか
上記の2点を踏まえて考えると、美容室を独立するベストな年齢は30~35歳頃と言えるでしょう。
[関連記事]美容室の独立資金はいくら必要?

美容室の独立にかかる資金はいくら必要か、さらに資金の内訳や融資を受けるポイントについても解説していきます。

美容室を独立するメリットは?

美容室を独立するメリット
では美容室を独立するメリットとは何でしょうか?
いくつかピックアップしてみました。

自分好みの店が作れる

独立することの最大のメリットは、自分好みの店が作れるという点です。
予算との兼ね合いもありますが、店舗の内装やレイアウト、メニューの内容まで温めてきたアイデアを存分に活かし、徹底的にこだわって自分の理想の美容室を作ることができるのは、メリットでもあり、独立する上での最大の楽しみでもあります。

頑張れば頑張るほど収入がアップする

そして次の独立のメリットは、収入面です。
美容師として月給や時給で雇われていた場合、歩合で多少の上下はあるものの、給料が大きく変わることはありません。しかし、自分で美容室を経営する場合、頑張れば頑張るほど収入アップが見込めます。
もちろん独立直後や時期によっては売上が少ない月もありますが、それも自分の裁量で得た結果です。自分の経営力次第で収入が変化するので、それも含めて楽しんで経営できる人にとっては他にないメリットとなります。

休みが調整しやすくなる

美容室を独立して自分の店を持った場合のメリットとして、休みが調整しやすくなる点が挙げられます。
経営者は自分なので、定休日や営業時間など自分の裁量で決めることが可能になりますし、予約が入っていない日は早めに店を閉めたり、連休を取って旅行などに行ったりすることも可能になります。
もちろん働いたら働いただけ自分の収入になるため、休んでばかりはいられませんし、顧客の予約が入っていれば急に休んだりもできませんが、雇われていた時と比べても格段に休みの調整はしやすくなるのは大きなメリットです。

年齢や経験に合わせた美容室の独立方法

年齢や経験に合わせた美容室の独立方法
美容室を独立する場合、個人での経営を思い浮かべるかもしれませんが、実際には、個人経営以外にも下記のような独立方法があります。
  • オリジナルサロン
  • のれん分け
  • フランチャイズサロン
  • パートナーシップサロン
美容師としてキャリアを積んで独立したのはいいけれど、経営が上手くいかず、失敗してしまった…というようなことにならない為に、自身の年齢やキャリア、経営についての知識量を踏まえた上で、どのような形で美容室を作るのか検討することが大切です。

オリジナルサロン

独立と言えば、個人で店を持ちたいという美容師の方は多くいると思います。
美容室の名称や・店舗内装・コンセプト・メニュー内容…など、自分に全ての裁量がある代わりに、それなりにリスクも伴うことも忘れてはいけません。
具体的な美容室のイメージが固まっている場合や、ある程度の経営の知識がある場合には、オリジナルサロンとしての独立をおすすめします。

のれん分け

これまで自分が雇われていた美容室ののれん分けとして契約を結び、その美容室が持つブランド力や経営ノウハウをそのまま活用して独立する方法です。
毎月ロイヤリティの支払いが発生しますが、既にその美容室のことをわかっていることもあり、独立後のストレスが軽減できることと、既にその美容室の持つブランド力である程度の集客が見込めることから、経営の初心者にはメリットが大きい独立方法となります。

フランチャイズサロン

のれん分けと近い形での独立方法がフランチャイズサロンです。
これまで働いていた美容室と契約して独立する場合はのれん分けですが、フランチャイズの場合は、その美容室での勤務経験がなくても契約が可能です。
勤めていた美容室とは異なるやり方やターゲット層の店を作りたいという場合は、美容室の経営ノウハウを提供し、サポートしてくれるフランチャイズ契約での独立をおすすめします。

パートナーシップサロン

美容室の開業者とそのパートナーがそれぞれ協力して美容室運営をしていくのがパートナーサロンです。
開業者が店舗運営、パ-トナー側が初期費用への投資や経営のサポートを行うので、経営に関しては初心者でサポートが必要な方や、資金が十分にない場合は選択肢として考えても良いでしょう。
ただ、パートナー契約を結ぶ際には、利益の配分方法や役割分担など明確にした上で契約しなければ、後々、金銭問題などのトラブルの可能性もあるので注意しましょう。

美容室の独立開業に不安な場合は相談を

美容室の独立開業に不安な場合はマイスタサロンにご相談を
美容室の経営者ともなれば、誰もが多くの課題と悩みを抱えることになります。
美容室の独立開業に不安を持つ場合は、業務提携やフランチャイズを選択肢に入れたり、サロンづくりの仕組みやノウハウなどの知識と経験豊富なパートナーに相談してみたりすることが大切です。
わたしたち「マイスタ®サロン」は、サロン経営のお悩みを解決するパートナーシップ制度をご提案しています。
集客や人材の問題で悩む美容サロン様に、女性美容師が働きやすいサロンづくりの仕組みやノウハウを共有し、サロン経営のサポートをいたします。
「美容業界のアタリマエを変える」
新しいサロン経営にチャレンジしませんか?

OTHER COLUMN

お気軽にご相談ください。

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問合せください。

メールマガジン登録

マイスタ®サロンに基づく、"美容室経営のノウハウ"を
順次配信提供を行っております。
また、新たなリリースのご案内をいたします。
ぜひご登録ください。

PageTop