mysta

        
        

COLUMNコラム

LETTER

美容師一人当たりの生産性

近年、「生産性」という言葉をよく耳にします。
業務の効率化や長時間労働への課題意識が高まる中、より注目されるようになっており美容業界でも問われる時代となってきました。

現在、美容師一人当たりの生産性(人事生産性)は
1時間当たりおよそ2500 円前後(1か月の生産性は業界平均43万円)と言われています。
これは、大手企業などの人事生産性の約半分ほどなのです。
その結果、メニューの値下げや、人件費の高騰も相まってなかなか高い利益を確保できません。
このままの状態で働き方改革を進めれば、経営が立ち行かなくなる美容室が出てくることでしょう。

長時間労働に少ない休日、その努力に見合わない給与額。
これが、今の美容業界の現実であり、「アタリマエ」なのです。

 

【元理容師・美容師が辞めた理由】

※それぞれの理由を見ても長時間労働やそれに見合わない給与額が原因での退職が多いことが分かる

 

 

“一人の女性美容師の願いがカタチになったサロン経営”

この状況に一石を投じるべく立ち上がったのが、弊社 colmogroup です。
ターゲットを絞った綿密なマーケティングで安定した集客と収益を生み出し、
女性美容師にとって働きやすいサロン「マイスタサロン」を立ち上げました。

その特徴は「日曜・祝日休み、かつ年間休日115 日の実績」
「平均月収28万5000 円の実績」「顧客の絞り込みとマーケティングからのドミナント戦略」、
「営業利益2000万円を出せる経営ノウハウ」、
「大手WEB 集客に頼らず、年間平均130 名の完全新規の集客ノウハウ」など、
業界の「アタリマエ」からは想像もできないものばかり。
女性美容師が働きやすく、なおかつ、利益を確保する仕組みを実現しました。

そのきっかけは、ある一人の女性美容師でした。
彼女は当時、サロンの仕事と当社の経理の仕事を掛け持ちして働いていました。
ところが、子どもの急な発熱や学校行事などの関係でなかなかサロンの休みが取れないことから、
美容師を辞める決意をし、『colmogroupでの経理の仕事を週5にしたい』と申し出ます。
従業員の切実な悩みを聞くうちに、美容業界が抱える大きな問題に気付いた
弊社 代表取締役の村井孝行は、自ら解決の糸口を探し始めます。

『女性美容師の方がハサミを置く時間を1日でも伸ばす働き方と労働環境を整えて、生産性を上げる』。
この想いが、業界の常識を打ち破るサロン経営「マイスタサロン」を生み出したのです。

 

「マイスタサロン」の働き方が実現できる理由とは?
理想的な環境はいかにしてつくられたのか。
その背景には、緻密に計算された経営戦略があります。

緻密に計算された経営戦略とは?
その一部をまとめた資料を下記よりダウンロードいただけます。

=================================

OTHER COLUMN

お気軽にご相談ください。

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問合せください。

メールマガジン登録

マイスタ®サロンに基づく、"美容室経営のノウハウ"を
順次配信提供を行っております。
また、新たなリリースのご案内をいたします。
ぜひご登録ください。

PageTop